安全な卵とは?抗生物質漬けにされたニワトリ~アメリカ産お肉は気を付けて!

卵や抗生物質について。

いつも卵を買うときは
No antibiotics 抗生物質使用していない
No hormone ホルモン剤使用していない

No GMO 遺伝子組み換えをしていない(エサ)
Free range/cage 鶏が自由に行き来できる環境で育った
Pasture raised 牧草地で育った
USDA Organicのラベル有 アメリカ農務省のお墨付き

 

ここを見て買っています。

image image

ホールフーズマーケット(オーガニックのスーパー)で売っている卵にはこのような文句が書いてありますが、他の一般スーパーには書いていない場合が多いです。

1年前のイメージでは、鶏は広い牧草地で自由に走り回り運動をし、太陽をたくさん浴び、たくさんおいしい餌を与えられ健康な鶏のお肉や卵を私たちは買って食べている!と思っていました・・(--:)

しかし、実際は違うのです。

一番危ないのは、工場の中で育ち、光をほとんど浴びず、鶏が密集している中で育つので糞などで衛生状態が悪い。そんな中でエサを食べると病気になるニワトリもいるので、悪い菌を殺すために餌に抗生物質を混ぜて与えます。抗生物質とは菌を殺す薬。なので薬漬けされた餌を毎日ニワトリは食べることになり、そのお肉や卵を私たち人間が食べる。。

にわとりだけでなく、豚さんや牛さんもおんなじ。工場に密集して育てられた動物は抗生物質入りの餌を食べています。

アメリカ一般スーパーに置いてあるお肉はほとんどそうです。

日本でもアメリカ産牛肉、豚肉、鶏肉など(特に安いお肉)はその可能性が高いので気をつけたほうが良いかと思います!

抗生物質付けにされた動物を食べるとどうなるか?

微量を何年にも渡って食べると私たちの健康に障害がおきます。特に言われているのはガン。ガンは慢性病なのでこれを食べるとガンになる、というものはないのですが、体に悪いものが溜まっていくとガンという腫瘍になります。

私たちの体はよくできていて、悪いものが口や皮膚から入ると、全体に行きわたらないようにある部分でせき止めます。それが胸、前立腺、大腸などなど。胸に溜まると乳がん、その他前立腺がん、大腸がん・・

またガンだけでなく、体重が落ちにくくなったり、肌や便通も良くなかったりもします。

悪いものというといろいろありますが、添加物や保存料もそうです。
加工食品にはほぼ入っているので、そうなるとそういうものは食べられなくなりますが! でも知識として知っておくと、選択肢がいくつかあったときに良いかと思います、ら

今勉強している中で勧めているのは、ホールフーズWhole foodsを食べること。元の形があるものをそのまま食べる。ラーメンやソーセージ、パン、パスタなど加工しているのもではなく、野菜、フルーツ。お肉、魚なども加工せず調理する。

そして、何かを買うときはラベルを見る。ラベルをみて理解できない言葉や読めない言葉があればやめておく。

これは食べてはいけない、これは良いなど情報はありすぎてわからなくなりますが、自分が信じる体に良いと思うものを今は買うようになりました。そのおかげか、1年前より体重は確実に減っているし(妊婦になる前)、肌や便通も調子がとっても良い

今後、このブログでもこのような情報を載せていければと思っています!(^◇^)

Comments

About kataokamaiko

こんにちは

09. 7月 2016 by kataokamaiko
Categories: オーガニック&ヘルシーな話, ホールフーズマーケット関連 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。