子供に「自分はなんでも出来る!」と思ってもらうには?

娘「さーらはなんでも出来る子だからね!」

と自分で言うようになった。

よしよし、私の思惑通り 笑

付け足すと これも言っている

練習すればなんでもできるもんね!」

 

とにかく私は「さーらはなんでも出来る子」「練習すればできないことはない」「さーらは頭いいからね」

と言ってきた。

それにはもちろん意図がある

子育ては洗脳!だから。

 

親の言う事、接し方で子供は

「そっか私はなんでも出来るんだ!」

「私頭いいんだ!」

と思い、それに見合うようになっていくと感じている

 

でも、時にはできないこともある

だから「練習すればできる!」と思わせておかないといけない。

それまで、さーらは

「さーら、すぐにできちゃってすごいでしょ!」「練習しなくてもできるんだよねー」

とちょっと自慢げに話していた。

でもイザ、自分ができないことに出くわすと大泣き。

もういいっ!と言ってそれを終わりにする。。。。( ̄ー ̄ )

 

なんでも頑張って、練習して、できるようになるんだよと言い続け、実際にできないことがあったら、一緒にとことん練習に向き合う。

 

ピアノがそうだ。

できないと、

できないーー!と泣く

もちろん初めからできるわけがない。

ひとつづつ小節に区切って練習。

速さも遅く。

そうして少しずつできてくる。

 

なんでもそうだけど、

 

・少しずつの成功体験を積み重ねていくこと

・自分はなんでもできると思わせること

 

子供に、「天才だねー!」とずっと言えばいいんだよ。

そうすると勝手に天才になるから。

 

と、誰かの言葉を聞いたのがきっかけ。

誰だったか忘れてしまったけど・・

 

天才!天才!と言うのってどうなの?と初めは思ったけど

それで良いんだと思う。

できるできる!と親が言っていると、子供はできると思い、でも出来なかったらその分余計悔しがって、練習をするよね。

 

練習すればできるようになる!と思うようになると完璧。

大人になると、できないことだらけ。だからこそ今からその習慣をつけておきたい。そして自分は出来るんだという自己肯定感だね。

 

さーらもまだまだだけど、できないことは自分で練習したり、調べたり、人に聞いたり・・そして出来るように

 

 

そんな大人になって欲しいと願って・・・^_^

 

 

安心安全な食材の選び方inアメリカ〜卵編〜

安心安全な食材の選び方inアメリカ〜卵編〜

卵。

よくよく聞かれていたのは「生卵って大丈夫ですか?」

私の答えは
「Pasteurized パスチャライズド と書かれているものは”殺菌処理されている”という意味なのでそれを選ぶと良いですよ」

「Pasture raised はパスチャーレイズドと読み似ていますが “牧草地で育った”という全く違う意味になります」

「でも私は6年半住んでて、Pasteurized ではなくても生卵は普通に食べてました!笑 あたったことは家族みんな一度もありません。」

「よく買っていたのはコスコのPasture raisedと大きく書かれたお得パックや、ホールフーズ、セイフウェイ(ジュエルオスコ系)、ターゲット、ウォルマート・・でどこでも買いますが、できるだけ Pasture raised のものにしています。そして殻を触った手はすぐに洗うこと。」

最低、cage freeやrange free と書かれているもの。

柵、檻なしの環境で育った鶏🐓

生卵の安全性にこだわっている人は、自宅で湯通しして殺菌処理している人もいるみたいでした。

Pasteurized (殺菌処理された)卵にはPと卵の殻に書かれています。

パッケージにも大きくPasteurized と書かれているので見つけやすいかな

シカゴの時は
ジュエルオスコに

カリフォルニアの時は
スプラウツに

売っていました。

ターゲットにもあると聞いたこともあります。
でも一年前のことなので、今はどうかわかりませんが。

 

栄養的にはPasture raisedの卵の方ですが、殺菌された卵をお望みならばPasteurized ですね。

 

参考にしていただけると幸いです😊

#アメリカ在住

安心安全な食材の選び方inアメリカ〜牛乳編〜

〜アメリカの食材について〜牛乳編
How to choose cow milk in US

少し振り返ってアメリカの食について書いていこうと思います。日本に住まれている方はなかなか以下のような牛乳は手に入りづらいと思いますが、ぜひ参考にしてみてください

牛乳っていろんな種類ありますね。
見るべきポイントはいくつかありますが

私がアメリカで選んでいたものは
①Grass-fed かつ
②Non homogenized または Milk Top

①グラスフェッドは牧草を食べている牛。牧草を食べている牛から採れるミルクの方が、穀物を食べている牛より何倍もオメガ3が豊富。
②ノンホモジェナイズとは、日本ではノンホモと言いますが、脂肪球を壊していないという意味。だから油分が分離するのでクリームが上の方に上がってきます。蓋を開けるとバターのようなものがある牛乳。そのためクリームトップとも書いています。
①+②だと、ほとんどは低温殺菌処理です。

シカゴに住んでいた時は
Super Natural

カリフォルニアの時は
Straus

をよく買っていました。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方はこれらの表示があるものだともしかしたらお腹に優しいかもしれません。

赤ちゃんに初めに与える牛乳もこれらにしていました。

味は意外ですが、とてもさっぱり。
手をあまり加えていない牛乳ほどサラッとしています。

参考にしていただけると幸いです😊

#アメリカ食生活 #安心安全な食材 #アメリカ在住 #アメリカ在住日本人 #アメリカ在住ママ #アメリカ在住妻

何度もローフルーツタルト試作中

商品開発ってこんな感じなのかな?と思いながら最近はローフルーツタルトを作っている

I’m making my raw sweets more delicious again and again recently.

クラスト(土台の部分)を少し固くしてみたり

ナッツを変えてみたり

甘味を変えてみたり

ココナッツオイルの量を変えてみたり。

フィリングはカシュークリームの量を減らしてみたり

このタルトに合うフルーツを探したり、減らしたり

 

今回のはカシュークリームを減らし

フルーツの味をちゃんと味わえるようにした。

そしてクラストはアーモンドとピーカンを半々に。固めるためのココナッツオイルの量が難しい💦アーモンドを入れると食感が固くなるのと、まとまりが悪くなるからココナッツオイルを少し多くした方が良いと思ったけど少し入れすぎたなぁ。

作っては試食、作っては試食。

どれも美味しいから飽きないのが良いところ👌

より良いものを目指して🙌

もう少し納得のいくまで作ろう👌

Make and taste , make and taste …. I love to do it because it’s delicious and healthy and has rich in nutrition! What a fascinated sweets!

It’s still good taste but I’ll try to make it more and more delicious!

子供の集中力をつけるには?

ハンパない集中力・・!

黙々と何かを作ってた

細い草を束ねて
結んで

でもなかなか上手く結べなくて
何度も何度もやり直し

木の棒に結びつけて
蝶々作って

ようやく出来た。

途中で「早く帰ろー」と何度も言いたくなったけど

我慢🤐

『何かに集中しているときは中断させたらダメ
真剣に何かをしている時は
声かけもしない方が良い』

@mika_itoh 伊藤美佳さんがいつも仰っていること

ほんとうにそうだと思う❣️

それによって

・集中力が身についたり
・最後まで頑張る力がついたり

と・・・

信じてる!!

ホント、彼女の子育て論は私のバイブル

インスタやクラブハウスもされてて
たまに聴かせていただいています☺️

 

#子育て #6歳女の子 #もうすぐいちねんせい #楽しみ #年長