アメリカ生活7年間ありがとう!〜帰国命令が出た〜

コロナウィルスで自宅避難中(Shelter in Place)

今日、緊急帰国命令が会社から出ました。

それまで、他の会社の駐在員でも帰国命令で早々に帰った方々もいながら、うちはどうするのか?ということを主人は電話会議でやりとりをしていたが、ついにきました。

一時帰国扱いだが、私は再びアメリカに戻れるかわからない状況。なので、本帰国のつもりでいます。

帰国は約2週間後ということに。

・・・・・

 

今日、一人で以前注文していたコンタクトを受け取りに行った。

その帰りに、前に住んでいた家の近くだったので懐かしくなって寄った。

そして家の前でよく遊んでいたドライブウェイやよく行った供用プールとかを写真に撮った。

もうここには来れないんだなぁ

さーらの自転車の補助なしもここで乗れるようになったし

あーりの三輪車もここて上手になったよね、と思い出しながら。

そして帰りはさーらの学校を通り、いつも通っていた通学路を運転して帰った。

こんなにも木々が緑になっていたなんて。

今日から3週間前、学校閉鎖になった当時はまだ桜が咲いていたり、お花がたくさんあった。今の風景は緑が生い茂っていて、カリフォルニアの清々しい青空と、鮮やかな緑がとっても綺麗だった。

毎日学校に行くときや帰るとき、

「紅葉が綺麗だね」
「花が咲いてきたね」
「冬は葉っぱがなくなって寒そうだよね」

とか言いながら運転していた道。

15分ほど車に乗っている間に、そういう話や、ディズニー系の音楽を毎日流していた。最近はFrozen 2のサントラばかり。

二人はInto the unknown を熱唱。

他にもラップンチェルの I’ve had a dream の歌がとても好きで聴いてたなぁ

そんなことを思い出しながら、帰り道を運転していて、一人で号泣。。

もうこの日常は今後はないと思うと。。

でも、コロナだからということではなくて

本帰国、となったら同じこと
もうこの日常はなくなるのは一緒だよね

でも、心の準備が出来てなかったよね。
急にやってきた休校だったから。

(3/13 金曜日。その日はカンファレンス(授業参観みたいなもの)があって楽しみにしていた日。ドアの前に来ると張り紙。カンファレンスもなしでクローズすると。

えっ?
せめてあと1週間。
春休みまで待って欲しかったとその時は思ったね。でもそれで正解だったのかもしれない。)

今思うと、一瞬で状況がかわったけど
この3週間は子供と楽しく過ごせました。

今日、一人でドライブして帰れたこと
よかった。

あと帰国まで2週間。
その間にやりたいこと

それは

子供達と車に乗り、通学路を一緒に走ること。

そしてこの景色を最後忘れないように見せてあげたい。そしてディズニー音楽流して、熱唱したい!(日本に帰ったら車は持てないので、ほんと子供とこうやって乗れて私が運転できるってないよね)

「木が緑でしょう」
「前は桜の花がたくさん咲いていたのにね」(アーモンドの花か桜の花が私はよくわからないけど)
「今は花が散って葉っぱがたくさんだね」
「『さくら』の本と同じだね」

とか言いながら、走りたい。

アメリカ生活7年間

たくさん思い出ある。

友達に聞かれた、
「一番思い入れのある場所は?」

私としては
アメリカで子供を産み、子育てをした。
毎日のように公園に行き、夕方遅くまで遊んだ。

「アメリカで子育て出来たことが一番の思い入れかな」

と伝えた。

あとはキャンプ

ヨセミテに何回も行き、グランドサークルもキャンピングカーで回った。
バーベキューもたくさんした。

全部家族とともに楽しめた

あと2週間と言われて、少々戸惑っていまったけど

アメリカ生活の終止符

こんな状況の今だけど

多分本帰国の時も同じ気持ちだろう
それが、少し帰るまでの期間が短くなっただけ

友達には一生会えないわけではない

また日本で会えるもんね!

インスタやLINEでも繋がってるしね!

今この自宅待機の3週間の状況はあるけど

アメリカ生活7年間のほんの一部に過ぎない

そこに悲観しなくていい。

アメリカ生活、本当に楽しかった

主婦生活が始まり
子供が産まれ
子育ての毎日
そしてロースイーツ教室も始めた

アメリカで母としての土台が作れた。

日本に帰っても、子育て第一に
ロースイーツ教室も続けていこうかな

アメリカ生活は終わるけど

私は終わりじゃない。
家族との思い出はこれからも続く!

アメリカ生活があったこらこそ今がある!

日本までの飛行機とか不安はあるけど
きっと大丈夫だし

一年後にはケロっと普通に生活してるよね。

アメリカ生活、本当にありがとう
たくさん経験させてくれてありがとう

全て主人のおかげだね

子供達もここで学んだことたーくさん!
自然にいっぱい触れ合えたし
都会にも何回も行ったし
アメリカ人だけでなくアジア人やインド人など多種多様な人種がいて話しかけてきてくれて偏見は無いよね

自由な国。

のびのびと私は子育て出来たことが一番のの宝物

今これを書いていて、前向きになれた!
今日帰国命令が出て、急に現実味が帯びてきて

ちょっと戸惑っていて

センチメンタルになっていて

でもそれはいづれやってくること

本帰国が早まっただけ。

前向きになれた!!

私にとって書くことは、
気持ちの整理になるし
自分と向き合える

本当は何を感じていて
何をしていきたいのか

基本私はポジティブなので
今回のこの状況でも前向きに捉えているつもりだったけど、今日はなんかおかしかった

でもやっぱり私 (笑)

これを書いた初めと終わりでは全然気持ちが違う

明日から、帰国に向けて頑張れる!
子供にも最後にやらせたいことも見えた

帰国に向けて、最後準備頑張ろー!!

(これを書き終わった今。丸まったティッシュの数! 感情を吐き出せて良かった♡) 泣

[子育ての話]タンスに登って飛び降りるのを辞めさせるか

タンスから飛び降りる。これ辞めさせる?

私は存分にやらせたい方

 

3歳のあーりにしてはここから飛び降りるのはかなり勇気がいる!

飛ぶまでに少しためらうけど、

飛ぶ!という勇気

飛べた!という達成感!

 

味わえたね👍

 

タンスは乗って飛び降りるものではない。そんなことは大人になったらわかるしね。

 

危ないから辞めさせる?

(多分、3年前の私だったらやめようよと言っていたかもしれない。)

 

でも子供は飛んでみたいの。

自分を試したいの。

飛べるかやってみたいの。

そこで親が危ないからと言って辞めさせると

 

挑戦する心を潰してしまう

高いところから飛び降りる能力も開花できない

 

「どうせ出来ないからやめておこう」

 

の思考になってしまうかもしれない

 

(こんなふうに思えたのは、前回の投稿でも書いたけど伊藤美佳さんのおかげ。)

 

運動能力も上がる。

 

勇気 もつく

 

達成感 も味わえる

 

かもしれないよね!

 

 

本当に「危険」なら辞めた方がいいけど

 

ちゃんと布団の上に飛び降りるんだよ

など言った上でさせるのだったら

 

全然やらせて良いと思う。

 

 

子供の能力を伸ばすために。

 

伊藤美佳さん、おすすめの方なので、是非検索してみて。

 

子供の「やりたい!」にとことん付き合おうと思っている (^ ^)

 

(これに付随して、ソファの上をジャンプとか、テーブルの上に乗るとか、ベットでジャンプとか。私は特に怒らない。だってやりたいんだもん。テーブルの上に乗るのは流石に注意はするけど一言だけ。本人はふざけて私の興味を引こうとするけど、無視していればそのうち降りる。キッチンの上に乗る、だって私が作ってるところ見たいんだもんね。料理にとっても興味がある証拠。怒らない。壁に落書き、怒らない。だって思いっきり描きたいんだもんね。思いっきり描かせてあげられてなかったから、次からは特大画用紙で描かせたら満足して壁に描かなくなる。(2歳ごろ)

 

こう思うと子育て楽になるし、子供の興味や能力をじっくり見れるようになった

 

 

まだまだあるけど、また次回に)