安心安全な食材の選び方 in アメリカ 開催しました

「安心安全な食材の選び方inアメリカ」先日も終了しました。4名のご参加!3名はほぼアメリカ来たばかりの方、もう1名は10年くらい😊

みなさま、買い物する時は、何となくこれは良さそうとか、裏とか表示をじーっと見て買うまでに時間がかかっていたり。

でも今回習ったことで買い物が楽しくなりそうとか、食材を選ぶ知識が増えて良かったとか😊

皆様のお役にたてて良かったです。

「アメリカの食材について」と言ってますが、日本の実情との比較もあり、日本人としては知っておいて欲しいこともお話ししています。

 

全て○○にしましょう!という話ではなく、この表示にはこういう意味があるということを知った上で選択をしていただきたいなと。

 

例えばNo Antibiotics (抗生物質なし)とは?
お肉や牛乳、バター、生クリームなどについているラベル。抗生物質とは人も風邪や下痢の時に処方されることもありますが、その抗生物質がお肉類、乳製品にどうして書かれているのか?

 

あと、牛乳も殺菌方法の違いなどで質の良い牛乳かが分かります。Whole milk が美味しいと言うだけでなく、どのWhole milkがいいのか?など。

 

あとUSDA Choiceというラベルは安全か?
コストコなどで売っているお肉貼られているシールですね。USDA Primeは、より「脂がのっていて美味しい」ですよね。でもその裏には?

 

などなど。

 

ご感想メールでいただきました

 

 

 

もう1人

 

他州の方ともオンラインで対面で出来るといいなと思っていましたが、やはり時差の関係で難しい💦

なので現在ビデオ講座を再作成中です。

興味のある方は是非ご連絡下さい😊

info@kataokamaiko.com

麻衣子

アメリカで 抗生物質、ホルモン剤 不使用 のお肉 買ってますか?

【アメリカ在住の主婦&ママさんへ】

抗生物質不使用、ホルモン剤不使用のお肉は買われていますか?😊

 

アメリカ、カナダ、ヨーロッパでは一般のスーパーで当たり前のように売られていますね✨

 

日本の一般スーパーでも早く出てくると良いなぁと思います。

 

日本もオーガニックについては最近はだいぶ出てきましたが、値段がかなり違いますね💦 ということは、まだまだ一般消費者の需要が低い=安全な食材の知識を知らない方が多い

 

(需要が高まれば商品の値段も下がりますね!)

 

日本人は「味」に対する追求&おいしさは世界一だと思っています👌

 

しかし、その味も添加物で美味しくしたり、遺伝子組み換えの餌(穀物)を食べ、抗生物質を使って早く太らせ霜降り肉にしたり。

 

それが当たり前になっています。 (もちろん、素材の美味しさを活かして美味しいものを作るのも日本人!日本大好きです。)

 

なので日本の感覚で買い物すると、オーガニックなどの選択肢が多くあるアメリカで買い物する時にかなり迷われることでしょう。

 

日系スーパーに売っているお肉だから大丈夫? 抗生物質、ホルモン剤使っています(使っていないのもありますが少ない) 。

 

逆にそれらを使っていないお肉(ホールフーズやその他スーパー)の方が値段も安いし安全。味も美味しいです。鶏肉とかホールフーズの方が安い。

 

安心安全な基準を知った上で、買い物を是非していただきたい。

 

日本に帰ってからお買い物をするときも選ぶ視点が変わります😊(というご感想も頂きました)

 

 

食材選び、みなさまにも、(知らない方には)まず知って頂きたいことを今回収録しました。1時間です。途中で止めて続きから聴くことも可能です。

 

受講された皆さまからのご感想を載せましたので、ご興味のある方はご覧ください😊

 

※オンライン講座なので場所は問いません😊

 

「安心安全な食材の選び方 in アメリカ」オンライン講座 参加者様のご感想