コロナで緊急帰国。帰国理由は? 〜渡航前〜

あと10日ほどで帰国します。

(予定より少し延びました)

その前に、海外からの帰国者に対して恐らく日本の方達は怖いですよね。

 

「コロナを持ち込むのではないか。」

 

でもその対策はもちろん万全に、国はしています。今となっては。

(初期のころは国もそこまで規制は厳しくなく、帰国者が撒き散らした、、と言われることもありましたが、今はかなり厳しくしています)

 

あとうちの会社も手厚くお世話してくれるのがありがたいと思っています。

隔離施設の手配とか、レンタカーやタクシーをチァーターしたりとか。

 

でも帰ると言っても、空港や飛行機はかなり感染の恐れがあるのではないかと?

と私は思っていましたが

CAのお友達や親から聞くと、機内は無菌状態なんだって。換気がすごくされているから機内感染はほぼ無いって。また席も隣同士はくっつかないように席の数を確保して予約を受け付けているそう。

なので、その点はかなり安心出来ました。

 

成田に着いたらPCR検査を受けますが、長蛇の列を避けるためにそのまま飛行機内で待機します。

4/3以前は、検疫待ちの列で人同士が密接に関わりそこで感染するのでは無いかという恐れもあったそうですが、かなり改善されているそうです。

そして検査を受けた後は、うちは会社が用意してくれたアパートに数日待機、

そこで検査結果が分かり、陰性なら別の契約ホテルへ行きます。その際も公共機関は使わずにレンタカーか契約のチャータータクシーで。

ホテルとアパートで2週間、完全隔離です。

外出も禁止となり、散歩もいけません。

その後は、自由となります。

次はもらわないようにするために、移動は全てレンタカーにします。

・・・・・・

帰国理由として一番は

コロナにかかった場合の医療体制と会社のサポート

アメリカはやはりアメリカ人を優先させるらしい。

ヨーロッパでも外国人は後回しにされているそうです。

呼吸困難で運ばれてきて、人工呼吸器が足りなくて、その時に誰を優先させるか。ってことだと思っています。

現在もこの辺の病院は緊急の場合のみ受付。

コロナ以外でも万が一病気になった場合受け入れてくれない可能性がある。

 

もちろん、日本もこれからはそうなっていくかもしれない。でも、万が一危険な状態になった時、日本人として日本にいたいなと思う。

 

でも世界のどこにいても今や安全な場所はないよね。

今回の帰国命令も、本当に本当に会社も苦渋の決断だった。

飛行機という密室空間で、

空港についてからの検疫待ちの通路で、

いつ感染してもおかしくないところへ

敢えて飛び込むの?

戦場を通ってまで家に帰るの??

まさにこんな感じで主人も私も思っていました。

危険な事までして帰りたいか?

 

 

でも、会社はやはり社員を一番に守ること。

何かあってからじゃ遅い

何かあった時に近くにいないと会社はサポート出来ない。例えば入れる病院を探したり。

 

でも、帰りたくても帰国後の隔離場所がなかったり、全て自分で手配しないと行けなかったら私もこのままアメリカに残っていたでしょう。

 

それはそれで、出来ることは全てし、アメリカにいる方が安全なのかもしれない。

というか、このまま留まっていた方がある意味確かに安全だと思うよ

でも帰るからにはポジティブに捉えたいから

こういうこと書いているって言うのもある。。。🤣💦

 

どちらにしても、世界はつながっていて、アメリカでも日本でもイタリアでもおんなじウイルス。

空気中も飛ぶらしいし、安全な場所ってほんと無いよね。

それぞれの決断が、それぞれのベストだと思う。

うちの場合は帰国。

そうではなくアメリカに留まる人は、それがその方々のベスト。

 

私たちはあと10日ほどで帰国します。

安全に。コロナを貰わないように。

でも既にもらってるかもしれないんだけどね。それは今の時点ではわからない

だから、なるべく人と接しないように

移さないように

ルールを守って帰りたいたいと思います。

帰国命令から2日経ち、大分気持ちは前向きに

インスタに投稿した内容です

以下。

 

先日のブログでの報告から2日経ち、大分気持ちの整理もつき、帰国に対して前向きになってきました。

というのも、夏頃に本帰国が決まっていたので、今回の帰国はほとんど本帰国に近いから。

一時帰国としての扱いで、再びアメリカには戻ってくるのですが、主人だけの可能性もあります。
戻ってきたとしても引っ越し作業のみでおそらく終わります。

帰国は10日後

残り、アメリカに居られるのは10日間。

一気に現実味が帯びてきて、あらゆることが頭の中をぐるぐる。

・友達に会えずに帰国
・さーらの学校のみんなにも(オンラインでは会えるけどね)
・私はアメリカに帰ってこれないとすると、引っ越し作業をこの10日間でしなければならない(夫がアメリカに帰ってきたらすぐに譲ったり捨てられるように準備しておくこと)

でも、それは受け入れるしかないね。

最後友達に会えないのは寂しいけど、
一時帰国で日本に来てくれる時に会いに行けば良いし!必ず再会出来る!

・・と昨日友達に帰国のことを伝えた時に、みんなと約束した!涙が出るほど嬉しかった。

ある友達とは、最後スイーツ交換して。
チーズケーキもらったよ。
美味しい美味しいと言って子供達ぺろり。
作って作ってー!と。
レシピ教えてもらって作るね!

食べながら「あぁ、このチーズケーキはこの今の状況のことを思い出させてくれるんだろうなぁ」と思った。

心に染みる味。
あの子の味。

😭😭

 

私の子育てはアメリカで始まった。
アメリカで子育てできたことは私の宝物。

アメリカで育った子供達は
この先大きくなってもきっと財産だね

アメリカに感謝。

関わってくれたお友達、先生

みんなに感謝!ありがとう!!

ロースイーツ教室、勉強会に来てくれたみなさん、お友達、本当にありがとう!

これからも私は進んでいきますー✨