赤ちゃん産まれました!畳で産んだ家族で立ち会い出産

出産の記録!

どんな流れだったか書き留めておきたいと思います。

 

10月2日。

私以外の3人が大きな公園へ遊びに行ってた。

さーらは昨日の誕生日に買ってもらった一輪車を持って練習しに。

あーりは自転車とインラインスケート持って。

一方、私は臨月だし、家でロースイーツの最後の試作をせっせと作っていた。

でもお昼頃からお腹が頻回に張る!

まさかの陣痛じゃないとは思い、間隔とか計らなかったけど、あまりにも少し動くだけで張るので、時間を計ってみた。

でも不定期で

10分間隔の時もあれば15分や7分の時も。

で、動くから張るのかも?と思い、今度は椅子に座り計測。

張るのが1分ほど

次の張りまで7分

張って1分

収まって、また次の張りまで7分!

え、座ってても張るのー?!

そして3回目

次の張りまで7分

また!?

主人に連絡。

「なんかいつものお腹の張りと違うんだよね。一度電話してみようかな・・」と

でも最後にもう一度計測

動かずに、次の張りまで何分あるか

ちょうど7分で来た

これ、陣痛じゃない?!

ということで、病院に電話。

「ご主人たち帰ってきたら、すぐ来てください」と。

主人に連絡

すぐに帰ってきてもらった!と言っても30分後くらい

結構陣痛痛くて、帰ってきたら速攻車に乗った

痛たたたた

シートベルトをぎゅっと握りしめて一分

時計見ながら、

5分間隔に

じゃ、次は◯分に来るね

と主人も言い

その通りに

来た来た来たー

ぎゅっとシートベルト握りしめて一分

30分後に病院に到着。

5分間隔だからあと数時間はいけるかも?

という読みで

(というか、この読みはちょっと読み過ぎてた!笑)

 

子供達は公園から帰ってきて汗だくだし

一度家に帰ってシャワー浴びてからすぐまた来よう!ということに。

早目に帰ってきてねー

ということで、私は1人病院で陣痛に耐えていた

でも少ししたら、なんか陣痛ものすごい痛いのが来た!

これはちょっとヤバいかもと、思わずナースコールを押した!

この時は、リクエストしていた畳のお部屋。

布団の上に横たわり、布団をぎゅー。

 

助産師さん2人飛んできてくれて

「すみません、なんか今までの陣痛より痛くて思わず押しちゃいました」

と言ったけど、

確実にここからの陣痛は痛すぎのが続いた

痛い波が来る・・

来たー!!

布団に横向きになり

布団の縁を握りしめて顔を覆うように・・

この握力で人の手もったらちぎれそうな強さだと思う・・

布団を思いっきり握りしめる・・

収まる・・

あぁ、また来たー痛い波!

来た来た来た来た

あーーーううーーー

「ため息する様に息吐いてー!」

という声が聞こえる

「はーーーーーーー!」

痛い痛い・・

「先生がいらっしゃった」

と聞こえた

いつも診察してくださる先生

「先生痛いです・・どんな体制が良いかわかりません」

「楽な体制で良いんだよ」

と言われるが、また波がきたー

来た来た来た来たーーー

痛ーーーーーーーー!!!

楽な姿勢って言われても、今から変えられない!と思いながら、すぐ次の波が来る 笑

いつも寝る時の体制が左側を下にして寝ていたから、それが私にとっての楽な姿勢で

もうこれで行くしかない!!

また次の波が来たーーー

来た来た来た・・・

ぎゅーーーーーっと布団を握りしめる

あぁ、みんなまだかな・・家に着いた頃かな

もうこの辛いの終わらせたい

早く出てきてほしい

 

次の陣痛

来た来た来た・・

「出したい!!」

助産師さんが主人に電話してくれた

 

かなりの波が来た!

いたたたた・・・!!

みんな車乗ったー!?

 

助産師さんが、

「今車に乗ったところみたい」と!

あと20分後に到着かぁ

間に合うかなぁ

 

でも、

みんな見れなくてもいいから

それよりも出したい!!

痛いの嫌だーーー!

でも、心のどこかで

やっぱり見てほしい

赤ちゃん出るところ見てほしい

と言うのがあって

だって、絵本で読んできたから

赤ちゃんがどのように出来て

どのように出てくるのか

リアルな絵が描かれた本

子供達興味津々で見てたし

実物を、実際を見て欲しかった・・

でも、

まだかーーーーーーーーー!?

もう早く出したい!

 

早くーーーーーーーー!!

陣痛の間隔がほとんどなくなった

産まれちゃうよ 産まれちゃうよ

でも痛いのやだし

へその緒見れたらいいか!

と思うようになったり

でも出るところ見てほしかったり

ああ、布団があってよかった

捕まるものがあって

次の波が来た

来た来た来た・・

痛いーーー!ぎゅーーーーー!と掴む

頭見えてきましたよー!

なんか開いてきたのがわかった

そして引っ込む

早くーーーーーー

もう出るーーーーー!!

「麻衣子ーーーー!がんばれーーーー!」

と背中をさすってくれる!!!

おぉーーーーー!間に合った!!!

私は何か叫びながら

「はーーはーーはーーー!!」

「うーうーーうーーうーーー!」

「頑張れーーー!」

と聞こえる、あー良かった良かった

子供達もきっと見てくれてる!!

名前を呼ぶ余裕はなかったなぁ

みんな見てるー!?とも聞けないくらいの状態

ううーーーーー!

産まれるーーーーー!

出すーーーーーーーー!

頭出たかなーーーーーー!

大きい丸いものが出た気がする!

とその時

「オギャーっオギャーっオギャーっ!」

まだ頭しか出てないけど、泣き声聞こえる!!

まだ身体出てないけど!

もう一踏ん張り!

ううーーーーーーん!体も出て来てーーー!

ふーーーーーーー!するん

出せたーーーーーーーーーーー!!!!

みんな見れたーーーーー!?

はぁはぁはぁはぁ

終わったーーーー!

私は目をつぶって、助産師さんの話し声が聞こえる

出てきましたねーー!

お父さん、へその緒切りましょうか

この辺りで

そんな会話が聞こえる

私の上に乗せてくれた

 

産まれた

 

産まれた

 

出てきた

 

この子がいたのね

 

無事に出てきてくれた

 

良かった

 

暖かくタオルで巻いてくれていた

 

カンガルーケアで私のおっぱいも吸わせてくれたり

 

その後は主人、さーら、あーりも順番に抱っこ

みんなじっくりお顔見ながら

 

可愛いかわいい言ってる

 

私は横で寝ながら

 

みんなの会話を聞いていた

 

家族で待ち望んだ

 

待望の子が

出てきたよ

 

みんなが喜んでくれることが

大切に抱っこしてることが

嬉しい

 

みんなに祝福されて良かったね

その後は

体重を測りに行ってくれた

私は寝たまま。

 

私の携帯でさーらが写真撮ってくれてたのをあとで見返した

 

肌んぼうにされて

泣きながら 笑

測定器に乗せられているね

2882g

小さすぎず、ちょうど良いかな

最後大きくなーれと思ってたけど

これくらいで、あの痛み

うちの2人の子供も3000以下なので

うちの家系はみんなこんな感じなのかな

と言ってもお姉ちゃんたちより大きいね!

2900g近いし、良いと思う!笑

 

あー終わった。

もうあの痛みは無いのね

あー嬉しい

良かった良かった

 

みんなお腹ぺこぺこ

家から持ってきたひじきご飯を貪る

私は特にお腹空いてなかったので

まだ布団に横になりながら

みんなが食べている様子を感じていた

目は閉じていた

夜21時過ぎ

 

出産は20:18でした!

病院着いたのが19時だったから

早いわ

陣痛で7分間隔が17時台

10分くらいが16時くらいから

 

陣痛来て3-4時間のスピードでした。

あーりの時も同じ感じ

 

だけど、今回はほんと産む瞬間を感じ取れた

 

あと助産師さんが陣痛のたびに

会陰にオイルを塗ってくれてるのが分かった

そのおかげで

少しずつ伸びてくれて

裂けずに

切ることもなく

ツルッと出てきてくれたと思う

助産師さん、ずっとついていてくれて

手厚くケアしてくれた

感謝です

ありがとうございました

 

みんなも9時すぎて眠そう

 

じゃ、また明日来てね

じゃーねと言って帰った

 

ほんと、良い経験!

間に合って

赤ちゃんの神秘の誕生を見ることが出来て

良かったね

 

次は赤ちゃん、一緒に育てて、お世話していこうね

 

お姉ちゃんの経験いっぱいしていこうね

 

人が成長する姿見ていこうね

 

何したら喜ぶか

何したら笑ってくれるか

 

一緒に探していこうね

 

そして5人家族

 

楽しんでいこうね!

 

新しい家族迎えられて

 

これからの新しい家族の姿

 

探りながら

 

行こうと思います。

 

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました!

 

Comments

コメントを残す