私のヘルスコーチング記録〜痩せにくいのはなぜ?

ヘルスコーチングの記録を今日も書こうと思います。

前回の方が私のコーチング内容を詳しく書いています

 

今日の方は

更年期、閉経に伴い太りやすく、痩せにくい体質に。20代の頃と太り方が違う!

どうにかして昔の体重に戻したい。

 

コーチングを始める前は

・寝付きが悪く深い眠りが出来ない

・3時間くらいの睡眠

 

寝られない、浅い。

 

これ、かなり重要なポイント。

睡眠って全てに関わってきます。

睡眠が少なくて浅いと

・代謝が悪い

・胃腸が休まらない

・ストレスが発散できず自律神経が乱れたまま

・痩せない

・翌朝スッキリしない

・免疫低いまま

・・・まだあります。

 

この、最重要課題の睡眠が

改善がされてきました!

 

夜6時間は寝れて、深い睡眠ができるようななった!

 

改善された理由はいくつかありますが

・日中にできるだけ歩くようになった

駅まで15分歩く

スーパーまで歩く

とにかく歩くことを意識されています

 

・コーヒーをやめた

チコリコーヒーを飲むように

コーヒーも人によりますが、睡眠に影響する場合もあります

 

・小麦製品を減らした

小麦製品も合う人合わない人がいます

一旦やめてみて効果があればやめてみるのも良いですね。

 

 

あとはやはり40ー50代以上の方で大切で知っていただきたいことは

女性ホルモンのこと。

20代のように、食べなければ痩せる!!というわけには全くいかなくなります・・・

ホルモンは加齢とともに減っていきます

ホルモンって?

いろんなホルモンが体には分泌されていますが、代謝ホルモンが減りますね。

同じもの、同じ量を食べても代謝されるカロリーや量などは少なくなる。

だから、食べ物や、食べ方を変えないと痩せません!泣

また、お肉やお魚などタンパク質を減らすと、余計脂肪がつきやすくなるのでタンパク質はしっかり食べないといけませんね。

 

ダイエットと言うとお肉を食べない方が良いという考えの方もいらっしゃったりします。

また、ご飯やパン、パスタなど炭水化物は元気がつくから食べないといけない・・・というのも半分あたり、半分間違い。

炭水化物は、野菜や果物にもあります!

ご飯を食べてお肉を減らす・・・はおすすめしていません。

お肉も脂身が多いものはおすすめしませんが、ささみや赤み、豚、鶏、牛はバランス良く食べてください。またお豆腐や豆類もおすすめです。

ただ、豆乳ばかり飲むなどはよろしくありません。豆腐も毎日よりはお肉お魚と交互に食べるほうが良いです。

大豆製品は、発酵しているほうが体に良く吸収されます。

納豆、味噌などは毎日でもOK!

 

あとは、お腹が空いたら食べること。

 

3食しっかり食べないといけないことはありません

代謝も落ちてくる30代後半、40、50代の方は特に。

 

その辺もお話しします。

 

またヘルスコーチングについて

投稿していきますね。

 

ホリスティックヘルスコーチ MAIKO

 

 

私のヘルスコーチングの仕方〜ダイエット方法は人それぞれ

ヘルスコーチング 今日の方は

30代後半で痩せにくいのが悩み

事務職で座っている時間が長い方

 

いつもヘルスコーチングで聞くのは

・食事内容は?

・ストレス(人間関係、仕事、子育てなど)はあるか?

・運動しているか?

・水分とっているか?

・睡眠はどうか?

がメイン。

 

 

食事内容

食事内容は毎日ラインで送ってもらっています

 

ストレス

ストレスに関しては色々ありますが、人間関係や旦那さんとの関係は良好か?仕事は順調か?

子育てママさんなら、お子さんはどうか?お子さんの食べ物に困っていたり、預け先で困っていたり、お家でイヤイヤ期で手を焼いていないか、などなど。子育てのストレスも結構ある方もいらっしゃいます。

また子育てを通して旦那さんとの関係がうまくいっていない場合もありますね。

 

運動

体を動かすことはしているか?お仕事されている方なら休憩中に何かされているか?専業主婦の方なら、何か意識して行っていることはあるか?

 

水分

水分はとっても大事 ちゃんと摂っているか?

水分も人によって摂る量は違います 浮腫みやすい方はまずはむくみにくい体にしてからでないといけません。ホルモン関係、睡眠、などの改善が必要

 

睡眠

これは最重要

眠っている時に脂肪を代謝するホルモンが活発に出ますので、深い眠りができているか? 寝てはいるけど浅い眠りではないか?浅いと太りやすくなります。

深い眠りにつくためにはなどのアドバイスも。

 

毎日の食事内容と、体調などの報告をもとに、もっと深くお聞きしていきます。

大体2−3週間おきにコーチングをしています。

 

 

一番心掛けていることは

・クライアントさんが無理をしないこと

・目標の姿に向かってワクワクするような内容にすること

・多少の制限を、嫌なことにするのではなく、やってみたい、やりたいことにすること

 

 

あとは、ダイエットならば

現在までの習慣(食事、運動、生活スタイル、考え方など)を何かしら変えないといけませんね。

今の習慣のままだと、今までの通りに何も変わりません。

これまでの習慣が、今のあなたを作っています。

これまでの食事が、今のあなた

これまでの運動が、今のあなた

これまでの思考が、今のあなた

を作っていますね。

 

この習慣を変えるためには、多少の痛みや我慢が必要かもしれません

でもその痛みや我慢が心地よくなるように

痛みや我慢ではなく、やりたいことになるように

 

例えば、食事の量

今までよりも2割減らしたとします

その日は満足100%ではないかもしれませんが、

その8割を続けると、それが100%になり

満足できる体になってきます。体がそれに順応してきます。

 

例えば、食事の質

甘いチョコレートやケーキが大好きだったけど

チョコレートの代わりにりんごを1つ食べてみる

甘い砂糖の塊よりも、りんごを食べた方が体が喜ぶことを学んだら

次からはりんごを欲するようになります

初めはチョコレート・・・が欲しくなり我慢が必要ですが

体が良いものに慣れてくると、チョコレートは要らなくなります。

 

チョコレートを欲するのは、ストレスが多かったり、睡眠が少なかったり、いろんな原因がありますが、体は本当は何を欲しているのか、体の声を聞き、自然の原理に従ったライフスタイルにしていくと、自然と欲するようにはならなくなります。

 

 

今のあなたを作った習慣を知り、

何をどう変えれば、理想の姿になれるのか?

 

今のあなたを作ったのは何か?

単純に食習慣、運動だけではありません。他にも

・過去のトラウマ

・子供の時、若いときの思考や影響

・これまでの自分の性格を作ったもの

そのようなこともお話しして、ご自身をよく知っていただきます。

 

例えば、昔から両親は共働き。いつも動いている姿をみていたので、自分もゆっくりリラックスすることがあまりない。何もしないでダラダラ過ごすことは良くない。と思っているかもしれません。それが悪い方向に行くと、いつもON(オン)の状態を作っていて自律神経がいつも緊張しています(交感神経が優位)。一日中交感神経が優位な状態になっていると、睡眠の質が悪くなっていたりしますし、体がこわばって固くなり、肩が上がらない、柔軟性がない、胃腸が弱い、下痢が多い・・・などという体の影響になってきたりもします。

だから、睡眠の質を上げるためには?という話をする時に、ただ寝る前にアロマを炊いたり、ゆっくりお風呂に浸かりましょう、だけではないのです。

もっと深くその方を知った上でのご提案をすると、なるほどとご納得することもあります(これは一例です)

 

逆に、いつもダラダラするのが好きで、一日中OFFの方。それも睡眠障害に関わってきたりします。多少の緊張感(心、脳、体含め)は一日のうちで必要です。ON、OFFの切り替えのバランスが良いほどよく寝られます。

 

太っているから、じゃ、これ食べなさい、これはダメですよ、という一律の答えはありません。

どんな人にも当てはまる解決策はない

 

ヘルスコーチは、そのクライアントさんの話を聞き、過去の話、これまでの人生の話・・・などもします

 

オーダーメイドで、その方が納得して、実行可能なことをご提案していきます

またできる範囲のことを、ご自身で見つけていただきます。

 

 

私の知識が誰かのお役に立てるならば・・

 

まずは、今していること、想い、などを書いてみようと思い

ブログを開きました。笑

 

長い文章、お読みいただきありがとうございました。

またヘルスコーチについて綴って行こうと思います。

 

ヘルスコーチ MAIKO

 

【妊娠記録⑨】助産院でのバースプランにワクワク!自然で自由なお産、経験したいな

Y助産院の説明会を受けました!コロナ禍なのでズームにて。

病院と助産院の違いを聞いた。

 

特に印象的だったのは、助産院はとにかくお産プランを自由に決められること。

例えばバースプランで。

※バースプランとは、お産時をどのようにしたいかを事前に決めるプラン

・お気に入りのアロマを焚く

・体勢はこんなのが良い(四つん這いとか、旦那さんにつかまるとか)

・立ち会いする家族はこの辺りに立っていて欲しい

・自分で取り上げたい!

・旦那さんにへその緒を切ってもらう

・産後は大好きな○○を食べたいので用意して欲しい

とかとか。

 

あとは、本当に助産師さんたちみんなでお産の手助けをしてくれる感じ。

家族みたいだなぁと思った。

たぶん助産院によって違うのかもしれないけど、ここはそんな感じ。

 

でも、それ以外に色々と聞かれたよ。

本当に助産院で産めるかどうか?

第一子、第二子のお産はどうだったか?

問題なかったか?

お産時間はどれくらいだったか?

出血は?

会陰切開あったか?

何週目で産まれたか?

・・

アメリカだったので、そういう細かいデータを、私は記録していなくて(^^;;

大体で答えました・・・

しかも英語だし、昔の資料はもう無いし(^^;

アメリカ出産の方は日本の母子手帳みたいに記録しておくことをお勧めします。

 

はじめての妊娠出産だったし、何を記録していないといけないとか、そんなことも知らなかったからなぁ・・

と。次女の出産から5年経った今、色々と過去のことを聞かれて、はっきりと答えられない私です(^^;;

でもまあ、とくに問題なくスピード出産で2人するっと産んだので、健康体だったことは確か。

あとは、今通っている病院からの紹介状をもらって助産院に渡す。

 

色々と聞かれたけど、問題なく助産院でも産めそうというこで、一旦切り、後日お返事しました。

是非、そちらで産ませていただきたいと!

 

続く

 

 

 

 

【妊娠記録⑧】助産院で産んでみたい!私の不安要素は心配いらない!?

次は助産院で産んでみたいなぁ

日本に来てから助産院という場所を知った。

アメリカで2人を産んだけど、普通に大きな病院。分娩台があって、一人目は無痛分娩で。2人目は病院行ってすぐに産まれたので無痛が間に合わず自然分娩で。

きっとアメリカでも自然に近いお産で水中とか、産婆さんが自宅に来てくれたり、色々とあるみたいだけど、当時は知らなかった。

日本に来て、幼稚園のママ達から出産何処でしたの?とかそんな話から助産院を知り、その時はそこまで深く聞かなかったけど、

いざ妊娠して、産院どうする?となった時に助産院で産んだ友達の体験談などを聞くと

いい!!!

私もそういうところで産みたい♡と思った。

 

助産院って何?という方に。

助産院は、基本医療行為が出来ません。

だから出産時に出血があったりすると、輸血が出来ません。帝王切開も出来ません。

だから、少しでも妊娠中に不安要素があると、助産院は断られます。

 

逆子もダメ

妊娠糖尿病、妊娠高血圧もダメ

切迫早産の経験がある方もダメ。周期内に(37-40週。助産院によるかな?)出産すること。それを過ぎたり早すぎたりすると病院になってしまいます。

胎盤の位置が正常か

人工受精でなく自然妊娠か

 

などなど、条件がります。

 

それらをクリアしていれば、あとは天国!と体験した友達たちは言っていました。

とにかく母体のケアがすごい。

整体や鍼があったり、痛いところを揉んでくれたり、いつもそばにいてくれたり

あと、もし会陰切開があったら病院は縫うけど、助産院はそうならないように、

頭が見えてもゆっくりゆっくり出してくれて伸ばしてくれるらしい 頭を少し引っ込めてもう少しゆっくり出てきてねーと言ったり、

助産院の助産師さんは

自然お産のプロという感じかな。

また、助産院は上記のような不安要素にならないように指導をしてくれるそうです。

逆子なら逆子体操教えてくれたり

食事管理の講座があったり、

産むための心と体を整える話があったり

ママが自然に健康に出産してくれるための、体と心づくりを一緒にしていく場所。

家族みたいに妊娠中を過ごしてくれる場所だって。

旦那さんにもっと妊婦のこと、出産後のことを知って欲しいと思えば、そのように何気なく伝えてくれたり。と、友達が言っていました。

家族の立ち合いもオッケー!上のきょうだいたちも立ち合える。お産の神秘を一緒に体験できる。希望があれば。

一つの大きな出産というイベントを、一緒に最後まで見届けてくれる場所。

また産後も母乳ケアとか色々してくれるみたい。

産む場所は畳のお部屋。どんな体制でも良い。昔の日本のお産って感じ?

・・・

なんかそんな話を何人かから聞いて

ほんと助産院で産んで後悔はないよ

絶対いい経験になるよ!

と言われて。

折角日本で今回は産めることになって、幸い健康だし、問題も無かったし産んでみたいなぁと思ったのが、妊娠が発覚したころかなぁ。

 

でもね・・

一回流産の経験がほんと大きかった。

命が育っていくだけでも奇跡なんだよね。

元気に何事もなく、大きくなってくれることだけで幸せなこと。

受精して、毎日毎日細胞分裂をしていき

少しずつ豆粒くらいの胎児が大きくなって、人間になる。

無事に大きくなってくれることだけで嬉しい。

妊娠初期から中期はそれだけ祈っていた。

上二人は、大きな病院で元気に産まれてきた。自然分娩の時は痛みは物凄かったけど、泣き声を聞いた時は、ほっとした。

産む場所は、無事に取り上げてくれて、その後も異常ないか調べてくれるところで良いんじゃない?

別に産み方やサポートにこだわることは、そこまでないんじゃない?

と、思うようになった。

元気に無事に生まれれば

場所はどこでも良い

むしろ、何かあった時に

すぐに医療行為ができる病院の方が良いのでは、と。

 

あと、もう一つ心配な要素があった。

「胎盤が下の方にありますね」とまだ初期の頃に先生に言われたことが結構大きかったなぁ。

後期までずっと下のままだと帝王切開になるらしい。しかも、出血多量になる可能性も。

90%くらいの妊婦は、胎盤は子宮が大きくなるにつれて上の方に来るので心配いらないとは言われてたものの

流産に、胎盤が下の方ということに・・ということで

心配がつきなかった。

YouTubeで前置胎盤とか、胎盤について色々と調べた。

そんなこともあって

ほんと、無事に赤ちゃんが育ってくれるだけで良い

無事に出てきてくれれば、他は何でも良いと。

帝王切開でもなんでもいいよ。元気な赤ちゃんならば!と。そういう方も沢山いるしね。

 

でもね、本来の私。

流産になる前の私は

元気!40だけど、高齢出産だけど、私は大丈夫!

その思い込みが

本当になってきて・・。

 

というのは、

安定期に入り

胎盤は正常な位置に来た。

そしてどの先生からも言われる。「流産に関しては誰にでもあるし、次の赤ちゃんが自然に無事に来たのならば、流産は全く気にしなくて良い。その為に今の赤ちゃんに影響があるということはまず無い」

と何回も言われたし、ネットや助産師さんからの話もそんなだったから、安心した。

 

だから、

 

私は元気!?なんじゃ!?

普通に健康体!笑

19週目に入って、妊婦のむくみや、疲れや、しんどさもほとんど無くて・・

やっぱり私は元気な方!?と。

 

もう一度書くと、

助産院で産むにはいろんな条件がある。

・体外受精ではなく自然妊娠であること

・これまでの出産で出血など無かったこと

・これまで切迫早産でなかったこと

・子宮筋腫や子宮がんなどないこと

・現在妊娠糖尿病でないこと

などなど

 

妊娠糖尿病の検査では、ちょっとドキドキしてたけど、大丈夫でした。

 

これらクリアしてる!

心配事も、本当に心配しなくて良いこととなった。

 

前から憧れてた助産院でも産める体なのか!

 

だから、やっぱり欲が出てきて

助産院で産んでみたいなぁ

と思い

助産院の説明会に申し込みました。

 

次に続く

 

 

【妊娠記録⑦】腹巻(妊婦帯)を清めていただきました。安産祈願へ。

安産祈願に行ってきました!

戌の日に合わせて。

腹帯は自分で買って、それを清めていただきました♡

腹帯はいろんなタイプがありますね。

腹巻タイプに下着と一体型だったり。

でも私はこちらにしました。

普段は服はLですが、こちらの商品は一つ大きいサイズが良いとレビューで書いてあったのでLLにしました。

つけてみたらちょうど良かったです。

今は5ヶ月ですが、これからもっと大きくなるのをみても良いと思います。

お参りは

近くの水天宮に行きました。

他にも妊婦さんが何人かいて、一緒に祈祷してもらいました。

安産で産めますように♡