人を「想う」感情を経験〜子育て記録

あーりが真剣に絵を描いているぞ!
◯◯公園で遊んでいる2人だって。

ここ数日風邪で幼稚園を休んでいた
いつも遊んでいるお友達Kちゃんのお母さんから

「きょうもKはあーりちゃんを◯◯公園に誘うつもりだったみたい」と。

最近あーりは幼稚園がとっても楽しくなってきた。

前は日曜になると
「明日の幼稚園行きたくなーい、だって幼稚園嫌いだもん、、」

って言っていたが😭最近は違う。ちょうど楽しくなってきた!でもそんな時に風邪。。

本人は「なんであーりだけ咳出てるの?」「早く治って幼稚園行きたい!」「明日は絶対幼稚園行くからね!!」(ちょっと怒り気味💢)

と言っていることに感動。

もう絶対に行きたいと言うほど幼稚園好きになったんだね!嬉しすぎる😭

そしてそれはいつも遊んでくれているKちゃんの存在がとても大きい

私があーりに
「Kちゃんがあーりをまた◯◯公園に誘おうと思ってたみたいだよ」

と伝えると

無言で、なんか感じるものがあったんだろうな。

いつも一緒に遊んでて
いつもいっしょにふざけた顔して

お互い”心の友”だよねとママ同士言ってるほど仲が良い

あーりは
「あーりがいなくてKちゃん寂しいかなぁ?」
「あーりもKちゃんに◯◯公園誘う!」

「手紙書く!」

と言って

なんかいつもより丁寧に
描いてる時間も長く

真剣な眼差しで色を塗ってる姿・・

またまた感動・・

お友達を想いながら・・

誘ってくれてるのに遊べない悔しさや、
もどかしさや、申し訳ない気持ちや

治ったら絶対にKちゃん遊ぼうね!

という想いを

お手紙に載せてるんだろうな。

そんな「お友達を強く想う感情」を経験できているのは、Kちゃんのおかげだし、そしてあーりを受け入れてくれる幼稚園のお友達や先生方のおかげ

いい環境の中に居られていてほんと幸せ

幼稚園行きたい!!絶対行きたい!!

と言ってくれるまで半年かかったけど
信じていたよ😊

これからも色んな経験して
大きくなっていこう😊

ビデオ↓

 

#4歳子育て #4歳育児 #4歳女の子 #4歳女の子ママ #成長記録

絶対音感の練習とは?江口式の本を読んだ

絶対音感の付け方

絶対音感ってなに?

はじめは、こんなふうに思っていた。

・曲のメロディを聴いただけて楽譜を見ないでもメロディを弾ける

・鍵盤を見ないで、誰かが弾いた音を音階で当てられる

私は6歳から13歳までピアノを習っていたが、このような上のことが「絶対音感がある」と言うふうに思っていた。そして自分もこれらのスキルはあると思っている

 

そしてこんな音

・踏切の音

・インターホンの音

も、ピアノで弾けるのが絶対音感。

 

でも、絶対音感というのはもっともっと凄いものであることがわかった!

(この本を読みました。絶対音感については、江口式を採用している人が多いらしい。)

 

例えば難しいショパンの曲を耳コピで、一度聴いただけで両手ですぐに弾けてしまう

(これはある程度弾ける人ですが)

とか

4歳の子が幼稚園で習った歌を、家に帰ってきて伴奏をつけて弾けてしまう

とか

初めて聴くCMの曲を両手で弾く

とかとか。

メロディだけでなく、両手で、しかも簡単な和音だけでなく複雑な左手をつけて。

また、聴いた音を演奏するだけでなく、曲の続きを自分で作って弾いてしまう

とか

なにやら絶対音感を持つ子供は、テレビなどにも出てくるような天才のようだ。

でも、この本によると絶対音感は訓練でつけられるということ。

才能ではなく、誰でもつけられると!

でも年齢が早ければ早いほど良い。

外国語の発音がネイティブと同じようになるには小さいうちに始めた方が良い、と言うのと同じ。

この本を読んで子供につけてあげたいなと思った。

始めるのに最適な年齢は2歳台

 

と言うことは、絶対音感つけたい!と2歳で言う子はほぼいないので、親がこの子に絶対音感をつけさせたいと思っている人がはじめることが多い

私は当時は知らなかった!・・・

だから現在4歳と6歳の娘たちにはちょっと遅いかもしれない。。

 

でも6歳くらいまでに始めたら絶対音感が可能性はあるらしい

この本では満9歳までにと書いてある。

ということで、本の内容を書くと長くなるのですが、

全体的にみて

絶対音感の練習とは

・白鍵の和音(ドミソ、ドファラなど)、黒鍵入れた和音を一つづつ覚えさせる

 

やり方は

一つの和音を

一日に5分ずつを45

それを2週間続ける

ジャーンと2秒間弾く

次に2個目の和音を2週間

という感じ。

 

また気をつけることは

 

  • 和音を一つの「響き」として覚えること

例えばドミソとドファラ。ドファラの方が高い音があるね、と比べさせない

  • すべての和音(白鍵の9個、黒鍵の5)が覚えられたら音を分けて覚えさせる
  • 階名(ドレミ・・)で歌わせない
  • 五線ノートに書く練習をしない

これらは高低差を比べてしまう練習になるから。

 

  • また例えばラドファと次にソシレを弾いた時間違えたとする

その時にこの二つの和音を何回も聴かせて練習するのは良くない。高さ比べをしなさいと言っているようなもの。

なぜ間違えたかというと、音が飛んだ時に答えにくいのでは?と疑う必要がある

 

それの対処法も書いてある

 

という感じで、親の方もとても根気がいる

一日5分を4.5回も練習、しかも2年くらいはかかるという。

 

子供達が弾くわけではないので、そこまで負担ではないかもしれないが

親の私が毎日5分ずつ、4.5回ね

 

例えば

朝起きてご飯前に聴く

幼稚園から帰ってきて聴く

夕飯前に聴く

夕飯後に聴く

寝る前に聴く

こんな感じになるのだろう。

 

でも

絶対音感がついたら

相当楽しいだろうな

聴いて両手でアレンジもできて弾けるようになる

譜読みも楽しくなるって

音楽の幅を広げさせてあげられる

 

ただ、子供も私もこの練習を楽しく続けないとね

私の工夫も、声掛けも、私自身の心の状態も大切だよね。

本の最後に、親としての在り方みたいなのも書いてあった。

 

・良いお母さんとは

例えば

子供がテレビを見ている

母「面白そうなアニメね」

「ママも見たいけど我慢する」

子「和音の練習テレビ終わってからで良い?」

母「いいわよ、テレビが終わったらママに教えてね」

お母さんがテレビを見ていた自分を叱らなかったこと、見ていた番組を面白そうだと褒めてくれたこと、お母さんも見たいと言ったこと、番組が終わるまで待っていてくれること・・お母さんがお子さんの気持ちを大事にしているのがお子さんにも自然に伝わった

お母さんが約束を守れば子供も約束を守ります。

・・・・

こういうことも書いてあった。

絶対音感の訓練、やってみようかな!

先生に相談してみよう。

 

 

以下、

メモ書きですが本の大切なところを書いてみました。

是非ご自身でも本を読んでみてください。

 

音を比べて覚えさせない

ライオンのオスとメスを教える時

オスはタテガミがありメスはない

オスの方が大きくてメスは小さい

これはダメ。

ライオンのオスの特徴ばかり教える

メスを見た時にそれはオスではない未偽者だというような教え方

偽札もそう

本物ばかり触ったり見たりすることで偽札がすぐわかる、というようにする

絶対音感も同じ

一つの和音をひたすら聴かせて、次の和音に入る

 

和音にソシレのように単音で名前をつけない

白鍵の9個の和音を覚えられてから音名に切り替える。その時はハタに音名を書く

和音9個の響きを覚えさせる

 

絶対音感の練習は、和音の顔を覚えようとしていること

毎日同じ音の大きさ

1.23秒で離す

 

すぐに答えを教える

間違っていたらすぐに答えを言う 考えさせない

 

■2週間同じ和音でまちがえなく答えられたら次の和音へ

記録を録ろう

間違えたとき

正解だったとき

年齢が大きい子は早くすすませる

(191ページ)

単音の音あてはをしない

特別な時だけで、普段の練習ではしない

 

白鍵の和音9個と黒鍵の和音5個、または15個が覚えられたら単音に分化して練習する

大体の子は単音になっても言えるが

年齢が高いほど言えない子がいる

けれどもいつかは分化できるので焦らない

9歳のお誕生日までなら、絶対音感がつく可能性がある、またそれまでについたとしても維持練習しなければ忘れる可能性もある

同時に聞ける音は6音までらしい

白鍵の和音の9個は

「ドミソ」「ファラド」「ソシレ」の3種類の和音の音を並べ替えただけ

 

■■第一のミス

「同一和音」同士の混同。

ドミソ、ミソド、ソドミの和音の区別がつかない 混同するが、それが良い。これを第一のミス、と言う

絶対音感がついていっている証拠

第一のミスをしたまま次に進むこともある

白鍵の和音を全部練習する段階まで進むこともある

和音を単音化して初めて絶対音感がついたということ

だから第一のミスは最後は無くさないといけないが

第一のミスの治療法は

・グルーピング練習

同一和音だけを聞かせる

ドミソ、ミソド、ソドミ

の旗を🚩降らせる

・一番上の音を意識させる練習

ミソドーと弾く、ドーと弾く

 

■■第二のミス

共通音をもつ和音の混同。

例えば一番高い音、一番低い音が同じ。

ドミソをシレソと言ってしまうとか。

第二のミスの治療法は

・隔離する

よく間違える方を練習しない

ドミソだけ練習とか

でも短期間で練習は終わりにする

ふつうは「相対的な聴き方」(高さを比べたり)に引っ張られては、「絶対的なきき方」に引き戻し、引っ張られては引き戻し、の繰り返し

第一音(初めに引く音) が正しければ絶対的な音の聞き分けがついてきていること

間違えたらすぐに教える

 

■■第三のミス

音の高さを比べてきいてしまう

ドミソとドファラ

逆に初めスムーズにこの二つの違いを言えている子は、音を比べて聴いているのではないか?と疑う必要がある。

第三のミスとは5つのパターン

・「第一音」(初めに弾く音)をミスする

これは相対的な聞き方をしている可能性がある

・「高さが似ている和音同士」をミスする

例えばソシレとラドファ

例えばドファラとレソシ

音の「高さ」は似ているが、和音の構成音は全く異なる

・「高さが離れた和音」にとぶとミスをする

例えば、ラドファからソシレにとびあがると「高い音だ」と感じでソドミなどと答える

逆も同じ。

つまり高さが近い和音がつづくとあまりミスをしないが、高さが離れた和音に飛ぶとたくさんミスをする

・ある和音をミスすると、次もミスをする

・ミスをする和音が決まっていない

弾く順番や、直前に弾いた和音によって間違える和音が変わる

このような第三のミスはみんなが必ず通る道

しかし治療をするより、未然に防ぎたいもの

第三のミスを減らすには

・初期の練習をたくさんする

一日に4-5

・高さ比べをしない 大人はこれで聞いている

・和音の高低関係を意識させない

第三のミスが現れた時は、和音の高低関係を意識することにつながる練習を避ける

たとえば五線ノートに音符で書かせることはいけませんp248

単音の高低関係を強める練習も避けること

メロディでうたうこと階名でうたうことなど避ける

・隔離練習を、する

・間違える和音をお休みする

・分散唱はダメ

ドミソの和音を弾いて

ド、ミ、ソ、ド、ミ、ソ、ドー と弾く

これがドミソだよ。これはしてはいけない

・分散奏もダメ

ソシレの和音を弾く

ソ、シ、レ、ソ、シ、レ、ソシレの和音

これがソシレだよ。してはいけない練習

和音の響きを覚える「絶対音感」の練習には全くならない。

・ドレミ体操もだめ

ドはつま先、レは膝、ミは太もも

・グルーピング練習をする

でも2.3週間くらい。

高さ比べのミスが減っていたり、第一のミスが現れたり、第一のミスがグルーピング練習の前より増えていたら、グルーピング練習の効果があったと考えていい

グルーピング練習に、2.3週間したあとはグルーピング練習と、全部の和音を混ぜる練習をする 例えば3日間「グルーピング練習」、4日目は全部の和音をまぜる練習

または、15回のうち、3回はグルーピング練習、残る2回は全部の和音を混ぜる練習

 

第四のミス

移調して聴くとわからなくなる

・移調奏はだめ

ドレミファソ

ソラシドレ

フォソラシ

で同じ曲を弾く練習

・ハ長調の曲だけ弾かせる263p

・混ぜる練習の和音の数を、減らす

つまり旗の数を減らす

隔離する1つか2

・グルーピング練習をする

長い期間続ける

「調性の枠組み」(移調で聴ける)で聴いている子供を「同一和音」という「響の枠組み」で聴くように変えるためには、最低でも2.3ヶ月くらいはかかる

・分離練習

ファラドのグループ(ファラド、ドファラ、ラドファ)を他の和音から分離する

・ミスの分析をしながら出題する

ラドファと次にソシレを弾いた時間違えた

その時にこの二つの和音を何回も聴かせて練習するのは良くない。高さ比べをしなさいと言っているようなもの。

なぜ間違えたかというと、音が飛んだ時に答えにくいのでは?と疑う必要がある

 

その他のミス

・ぼんやりミス

子供が機嫌のいい時に

・音名のミス

旗は最後まで使う

*絶対音感の最短は、14個の和音を覚えること。だが中には「黒鍵の和音」の「回転形」を10個増やし、24個の和音を覚える場合がある その時耳ではわかっているのに音名を間違えるケースもあるので旗を使おう

・反抗によるミス

子供に練習する時間を決めさせよう

大人が子供の都合を気にしてあげると、子供も大人の都合を気にしてくれる

・答えないミス

子供が間違えても叱ってはいないのに泣く

自分のミスを許せないのです。

それから答えなくなってしまった。

その時はいつも通り練習する。答えなくてもしっかり聴いているから。

3ヶ月以上続いたが、すらすら答えるようになった。ちゃんと聴いていた。

どうしてその時期になったのか?

ちゃんと、ミスの区別が自分でもわかるようになって自信が持てたから。

答えてもいい、と思ったから。

頭が良くて用心深い子供にありがち。

焦らずに待ってあげること。

・間違ったルールによるミス

ある和音を弾かせて旗を上げるが

・ピアノの音が聞こえたら旗を上げる

・旗をあげる練習

・クイズのように音を弾く前にあてるクイズ

このように覚えさせたらいけない。

・褒めすぎは良くない×

間違えることを恐れるから

・よーく考えてね×

考えてはいけない 瞬時に答えさせるすぐに答えをいう

・ちょっと高いでしょ?×

ダメ。ドミソとドファラを間違えたとき。

高低差で聞き分けできないことはむしろ喜ぶべきこと。高低差で比べていないということだから。

・出来不出来にこだわらないのが良い

出来たら「そう」「はい」「あってる」だけで良い

正しく出来た時に褒めない。

間違ったときにダメと言わない

褒めるポイントは

音を聞いてすぐに答えられた

元気に言えた

旗を高くあげられたなど。

「お利口さんにでたかね!」

「また、頑張ろうね」

・連絡事項は紙に書いて

子供の上達具合など、特に悪いことは子供の前で言わない

・絶対音感の練習は調子の良い日は長めに練習、調子の悪い日はササっと切り上げる

調子が悪い日に長々と練習すると考えて練習してしまうから

・良いお母さんとは

子供がテレビを見ている

「面白そうなアニメね」

「ママも見たいけど我慢する」

子「ハタの練習テレビ終わってからで良い?」

「いいわよ、テレビが終わったらママに教えてね」

お母さんがテレビを見ていた自分を叱らなかったこと、見ていた番組を面白そうだと褒めてくれたこと、お母さんも見たいと言ったこと、番組が終わるまで待っていてくれること・・お母さんがお子さんの気持ちを大事にしているのがお子さんにも自然に伝わった

お母さんが約束を守れば子供も約束を守ります。

 

以上です。

 

ローショコラケーキの作り方〜ロースイーツのチョコレートケーキ

ローショコラケーキのレシピをお伝えします。

これはかなり試行錯誤して作ったレシピ

 

チョコレートの二層はカカオの濃度で強弱を。さっくりとしたナッツの食感が軽いロースイーツに仕上がりました。

 

アメリカにいた時のロースイーツ教室で皆さまにお伝えしていました♡

 

さて、以下がレシピになりますが、今回のローショコラケーキは4つの層に分かれています。

レシピに出てくる『クラスト』とは上記写真の一番下と真ん中の焦げ茶色のナッツの層です。

そして『フィリング』とはクリーム色の部分と茶色の部分のことになります。

 

是非作られたら教えてくださいね!

インスタはこちら

メールはこちら info@kataokamaiko.com

 

材料 

(16cm 丸型  底が取り外し可能なもの)

【クラスト】(2層分)

  • デーツ 40g
  • アーモンドフラワー 60g
  • ピーカンナッツ    60g
  • カカオパウダー 小さじ2

 

【フィリング下層】

  • カカオバター 45g
  • 生カシュ-ナッツ 150g

(浸水後220gになるように水を足す)

  • 100g
  • メープルシロップ 80g
  • カカオパウダー 10g
  • ラム酒 小さじ2

 

【フィリング上層】(上記の分量に追加)

  • カカオパウダー 9g
  • メープルシロップ 3g

 

 

作り方

  1. 【クラスト下層】デーツを細かく切りフードプロセッサーに一つにまとまるまで回す
  2. その他のクラスト材料を1に入れ、ナッツが細かくなるまで混ぜる
  3. 混ざったら型に大さじ7ほど入れスプーンや手で押しながら固め敷き詰める
  4. 冷凍庫に入れておく
  5. 【フィリング下層】カカオバターを刻んで湯煎で溶かす(47℃以下)
  6. ミキサーにカカオバター以外を入れ滑らかになるまで混ぜる
  7. 混ざったら溶かしたカカオバターを入れ更に混ぜる
  8. 冷蔵庫から取り出した型に7280g流し込む
  9. 冷凍庫に入れ冷やし固める(2時間以上)
  10. 【フィリング上層作る】残りのフィリングを耐熱容器に移し替え左記の材料を入れ混ぜておく
  11. 【クラスト上層】9が完全に固ったら残りのクラストを敷き詰める
  12. 【フィリング上層】10を湯煎(47℃以下)で滑らかになるまで溶かし、11に流しこむ
  13. 冷凍庫で冷やし固める
  14. 常温で解凍(冬場は2時間ほど、夏場は30分ほど)して食べる もしくは前日の夜に冷蔵庫に移しておく
  15. 食べる時に上からカカオパウダーを振りかける

 

 

デコレーションしても可愛いですね

こちらはドライラズベリーを砕いて。

 

こちらはカカオニブと、ストロベリーソース。

ストリベリーソースは、イチゴとメープルとバルサミコ酢を少々加えると美味しいですよ

 

グラスフェッドバターは体に良い脂オメガ3が豊富

乳バターを食べるならグラスフェッドバター。
普通のバターは太る
でもグラスフェッドバターは人間が必要な脂肪がたくさん含まれているので、食べた方が良い。

(グラスフェッドバターとは、牧草を食べて育った牛から作るバターという意味。)

子供たちは食パンにバターが大好きで🧈切れてるチーズのようにのせるのよ、、特にあーり。

私も焼きたてパンにバターが大好き。

だから食べるならグラスフェッドバター

食べることで、

太ることを気にするのではなく

「肌艶、脳への栄養を与えている」

と思えるので、雲泥の差。

グラスフェッドバターのオメガ3で
細胞膜をきれいに

栄養の吸収もスムーズにしてくれる。

なので、炎症を起こしにくい

トップバリューが出してきたね👌

でも最近近くの業務スーパーでも見つけた!こちらの方が安い。

普通のよりは高いけど

それを食べることで、マイナスが大きいのであれば

食べないか、多少は高くても体に良い方を選びたい

もちろんビーガンバター(乳製品を使わないバター)も好き

アメリカにいるときは
Earth balanceをいつも買っていた。

乳製品やお肉も良いものは良い。
具体的に言うとグラスフェッドなら安全で栄養価が高いと言われている

環境や自然保護の視点から見るとビーガンの方が良いけど

そして、そればかりでなく、人それぞれ合う合わないがある。

ビーガンが遺伝子的に合わない人もいるらしい

そしてお肉を摂らないと活力が出ない
とか

逆に
お肉を摂ると調子が悪い
とか

最先端の栄養学はほんと個々にあう合わない食事法があるという

遺伝子検査をして、体質を調べる方法もある

検査は数万円かかるらしいけど

いつかしてみたいな

ビーガンもよし
お肉も乳製品もよし

遺伝子検査がすぐには出来ないのであれば

自分の体の状態をいつも観察し
自分に何が合うのか、合わないのかを試していくしかない

私は数年これをしてきて、試行錯誤しながら
自分になにが合って何があまり合わないのか、がわかってきた。

便秘の時はコレ
おならが多い時はコレ 笑
吹き出物ができた時はコレ
太ってきたらコレを減らす

などなど。

便秘には食物繊維というけど、
摂っていても便秘ということあると思う

それは人それぞれ合う合わないがあるから

と、長くなりましたが

グラスフェッドバター、興味がある人は試してみて。

#グラスフェッドバター #グラスフェッド #グラスフェッドビーフ #ヘルスコーチ

美味しいカシュークリームの作り方〜ロースイーツの基本を詳しく解説

カシュークリームとは?

ロースイーツで欠かせない生クリームのようなカスタードのような存在。

で、素焼き(ロースト)されていないカシューナッツと、ココナッツオイル、甘味料(メープル、蜂蜜、デーツなど未精製のもの)をミキサーにかけ、滑らかになるまで混ぜる、そして冷蔵で少し固める。

一般のスイーツで使うクリームは、卵、小麦粉、バター、生クリーム、牛乳、白砂糖などを使いますが、それらを使いません

 

カシュークリームで使う材料

例えば・・

 

カシューナッツ

オレイン酸を多く含む

1、腸のぜん動運動を活発にするのでお通じが良くなる

2、保湿効果が高く、皮膚を柔らかくする効果があるので小ジワも改善

3、血中の悪玉コレステロールを減らす

 

タンパク質を多く含む

タンパク質は体を構成するために必要不可欠肌、髪、爪などが荒れていたらタンパク質不足かもしれません。また子供の成長期にもタンパク質は必須ですね!

 

ココナッツオイル

MCT(中鎖脂肪酸)オイルを含む

・体に溜まりにくくカロリー燃焼量を上げるのでダイエットに効果的

・腸のぜん動運動を活発にするのでお通じが良くなる

(私実際にロースイーツを食べるととってもお通じが良くなります⭐︎)

 

ラウリン酸

・体内で抗菌・抗ウイルス作用を発揮(母乳にも含まれているラウリン酸は赤ちゃんを細菌やウイルスから守っています)

腸内環境を整える

 

以前はおやつって

体にあまり良くないもの

太るもの・・・

 

というイメージがありましたが、

ロースイーツを知ってから、

 

子供にあげるなら、タンパク質や良質の脂!ビタミン、ミネラル豊富なもの!

自分にとっても肌つや良くなるモノ!食べると痩せるもの

そして美味しいもの

 

があることを知り

ここ数年作り続けています 笑

 

 

カシュークリームの用途

この前は

スイートポテト

につかいました。蒸したさつまいもに混ぜ込むだけで濃厚なコクのあるスイートポテトに♡

また

洋梨のカシュークリーム添え

もこちら。ラム酒とメープル、シナモンのソースをかけて♡

他にもかぼちゃのロータルトのトッピングに

パンケーキにもかけたり♡

 

レシピ本やネットのレシピではレモン汁を入れるものがありますが、私個人的にレモン汁は入れずに作るのが好き。でも好みなので入れたい方はどうぞ⭐︎

レシピによっては入れたりもします☆

また、ココナッツオイルを増やすともちろんもっと固いクリームに、少なくすると緩いクリームになります。

私はこちら(下記のレシピ)の分量が万能でタルトから、トッピングにも使えるのでおすすめ。

ちょうど冷蔵庫で一晩入れておくとちょうど良い固さになります。

 

ではでは、まずは

 

下準備とアドバイス

1、カシューナッツを容器に入れ、水をかぶるまでたっぷり入れます。そして一晩冷蔵庫で浸水させます。そして次の日に使用。カシューナッツは浸水させてから劣化が始まるので出来るだけ最短で仕上げ最短でいただくようにしましょう。

2、浸水時間は冷蔵庫で10時間は必ず。数時間と10時間の浸水ではカシュークリームの滑らかさが変わります。同じ水分量をいれても少ない時間の方が水っぽくなります。これは恐らくカシューナッツは水を含むとそれだけねっとりとさせる成分が作られるのではないかと考えます。ナッツを割ったときに確認してみましょう。芯がまだ残っているようなら浸水時間を延ばしてください。

3、次の日、水の表面に油や汚れなどが浮いていると思います。それらをきれいに落とすためざるとボウルで水が濁らないまで水でカシューナッツをよく洗います。

4、ココナッツオイルについて。ココナッツオイルは無臭タイプと香りがするタイプがあります。無臭タイプは全くココナッツの香りがしないので、様々なロースイーツで使用します。ココナッツの香りが好きな方はもちろんそれでも構いません。無臭タイプは英語だとRefined  Cocout Oilで売っています。反対に香りのするものはVergin  Coconut  Oilですね。リファインドかバージンか。日本だとお店でなかなか手に入りにくいのでほぼネットで購入しています。

そしてココナッツオイルは湯煎で溶かしてから使用。お鍋にお湯を沸かし、小皿に入れたココナッツオイルをお鍋に入れて。でもこの時に沸騰しすぎないようにしましょう。(ロースイーツは47度以下で作るもの。理由は酵素をが48度以上になると壊れるから。という定義がありますが、ココナッツオイルは高温でもそこそこ熱に強いのでココナッツオイルに関してはそこまで気にしなくても良い、という私の考え。でも熱しすぎないように)

5、甘味料について。私はメープルシロップを使用しますが、アガベシロップを使っても構いません。アガベシロップはメープルよりシンプルな甘さになり、メープルより色が薄いのでより白っぽい色になります。私がメープルシロップを使う理由は、栄養価を比べるとメープルの方が高い、そして味が好きだからです。ダークカラーでなくアンバーカラーのメープルを使うとより白に近づきます。

アイスなどはアガベシロップを使うこともあります。

 

 

では

材料:

  • 生カシューナッツ 150グラム

(浸水後、洗った後に220gになるように水を足す)

  • 水100g
  • メープルシロップ80g(できれば色の薄いもの。なければ濃くても構いません)
  • 無香ココナッツオイル70g

 

材料はこれだけ。バニラエクストラクト小さじ1入れても構いません。

 

作り方;

  1. 一晩浸水させたナッツをきれいに洗いココナッツオイルを分量分溶かしておく。
  2. ココナッツオイル以外をミキサーに入れて混ぜる。混ぜにくくなったら(または滑らかになったら)溶かしたココナッツオイルを入れて混ぜる
  3. 冷蔵庫で一晩冷やす。または15−20分冷凍庫で冷やし、取り出してうまく混ざったらその後は冷蔵庫へ。固形があってうまく混ざらない時は常温でもう少し溶かしてから混ぜて綺麗に混ざったらその後は冷蔵庫へ。(私はいつも冷蔵庫で一晩冷やして、次の日いただきます)保存は冷蔵庫で2−3日。冷凍庫だと2週間くらいかな。ラップか真空パックにして保存してください。
  4. スプーンで混ぜてみて、ちょうどいい固さになったら出来上がり。

 

※カシューナッツ浸水後は大体215g前後になりますので、あと5gほど水を足します。そして材料にある「水100g」をさらに足します。浸水後のカシューナッツと水で320gになるということです。浸水時間によって浸水後の重さが変わってくるので220gになるよう調節します。

出来たその日が一番美味しい。次の日、次の日・・と段々味は落ちていきますが2日くらいは大丈夫です。

※固める時、各家庭の冷蔵庫の温度にもよります。冷蔵庫は大体2−5度。できれば少し低めの方がしっかりと固まります。固まりすぎたら常温において混ぜてください。

※カチカチに冷凍し、解凍したカシュークリームと、冷蔵庫に一日入れたカシュークリームは食感が変わります。滑らかなクリームは解凍していない、冷蔵庫で置いたものになります。しかしこれも好みですね。私は通常、冷蔵庫で一晩冷やしたもの、または冷凍庫で15分ほど急速冷凍し全て固まりきる前に取り出し、混ぜて冷蔵庫保存、という方法が好きです。

 

材料の調達

カシューナッツなどは上野のアメ横にある大津屋の商品をよく買わせていただいております。こちらはとってもお買い得で味も美味しいです。

大津屋から直接注文↓

・生カシューナッツ 250g こちら(1回まずは作ってみたい方へ)

・生カシューナッツ 1キロこちら

Amazonだとこちら↓

・生カシューナッツ 250g こちら(1回まずは作ってみたい方へ)

・生カシューナッツ 1キロ こちら

 

その他ブランドでも構いません。その際は生カシューナッツ(またはドライ)と書いてあるものを。ローストや素焼きではないものを選んでください。

 

・メープルシロップ 250g こちら(1回まずは作ってみたい方へ)

・メープルシロップ 1329gこちら

コストコの商品。お買い得です。

その他ブランドでも構いませんが、ダークカラーでないものを選びましょう。

 

・無臭(Refined)ココナッツオイル 444ml こちら (まずは少量からという方へ)

・無臭(Refined)ココナッツオイル 1,6L こちら(お手頃。私はこれを使っています)

アマゾンや楽天などでも構いません。その場合は無臭、無香、Refinedなどと書いてあるココナッツオイルを選んでください。

 

・バニラエクストラクト 59ml こちら

 

是非作ってみてください⭐︎ コメント大歓迎です⭐︎