自己紹介〜ロースイーツを作るヘルスコーチMaiko

私のことをより詳しく書いてみました。

 

簡単に説明すると

ヘルスコーチであり

ロースイーツインストラクター

になります^^

 

 

ヘルスコーチ

2016年にアメリカ政府認定のホリスティックヘルス栄養専門学校 IIN(Integrative Institute of Nutrition) を卒業し

ヘルスコーチの資格を取得。

 

これは何かというと、心と体の健康に関するサポーター。

具体的に言うと

ダイエットしたい人、便秘を解消したい人、ニキビを治したい人など体調に何か不調がある方や減量したい方を対象に、その方のライフスタイルを見直し、目標に向かって達成するためのコーチング。

そのために大切なことは

食の他に、人間関係、仕事、運動、心が健康であることが大事です。

そのためにさまざまな知識を幅広く勉強しました。

実際にヘルスコーチとしての仕事はまだしておりませんが、もうそろそろ開始したいと思っています!

 

ロースイーツインストラクター

2018年に日本でロースイーツのインストラクターの資格を取得。

その後アメリカにて、日本帰国後もロースイーツ教室を開催

習った知識をもとに、自分で考案したレシピは数十種類

・カシュークリーム

・かぼちゃのロータルト

・チョコレート2層のローケーキ

・フルーツロータルト

・ローチーズケーキ

・ひとくち生チョコ、ひとくちチーズケーキ

・抹茶のローケーキ

・チョコバナナのロータルト

・バナナとパインのローアイス

・ローチョコレートアイス

・・・・・・まだまだあります。

 

初めてロースイーツに触れる方ばかりですが、皆様よりとてもおいしいというご感想ご感想をいただいております。自分自身、ロースイーツに出会って、体に良いおやつがあることに感動。もともとは子供に与えるおやつは栄養のあるものを!という目的から興味を持ち、インストラクターまで取りました。

 

ロースイーツとは?こちら

 

子供が好きなロースイーツは

・洋梨(または桃)のカシュークリーム添え

・ローチョコレートケーキ

・かぼちゃのロータルト

 

カシュークリームが特に好きなので、買ってきたパンにつけて食べたり、パンケーキにのせたり、さつまいもと合わせてスイートポテトを作ったり。

 

カシュークリームはタンパク質や良い脂質がたくさん含まれているので、全く罪悪感なく、むしろお通じも良くなるので積極的に与えています。

それにより、子供が食べる「甘いもの(お菓子)」に対する私のストレスもかなり減りました(笑)でも普通に市販のお菓子も食べますけどね。日本だとカントリーマームやポッキー、アルフォート、きのこの山なども 笑

 

現在は、ロースイーツ教室は要望があれば開催すると言う感じです。

 

教室ではなくMaikoのロースイーツが学べるサイトはこちらから。

かぼちゃのロータルトはYOUTUBEにて投稿

美味しい基本のカシュークリーム大人な濃厚ローチョコレートケーキはブログにも投稿してあります。

 

安心安全な食材の選び方inアメリカ

こちらはアメリカに在住していた時に作った講座です。

アメリカには2013年から2020年の7年間おりました。

その際に、先ほどのIIN(アメリカ政府認定ホリスティックヘルス栄養専門学校 Integrative Institute of Nutrition) にて習った内容や、自分自身で調べた内容をまとめたものです。

アメリカのスーパーで売っているお肉、牛乳、魚、野菜などに書かれている英語の意味、何が安全で何が安全ではないのか?オーガニックの基準など詳しく説明しております。2時間の音声で60ページほどの資料を見ながらのオンライン受講となります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

食に対する考え方

IINの専門学校でさまざまな食事法を学びました。

パレオダイエット、ローフード、マクロビオティック、地中海式ダイエット、グルテンフリー、カゼインフリー、乳製品フリー、ビーガン、ベジタリアン、オリエンタルベジタリアン、ラクトベジタリアン、オボベジタリアン・・・・

など。

その中で自分自身色々と試してみました。

・グルテンフリー(小麦粉食品を避ける)

・乳製品フリー(牛乳、チーズ、バターを食べない)

・ビーガン(お肉魚を食べない)

・パレオダイエット(お米や穀物を控えお肉魚を食べる)

などなど。

 

でも子供がパンが好きだったり、お肉が好きだったりするので家族みんなですることは難しい。一時期は大豆ミートを使ってお肉の代わりにしていたり、バターはオリーブオイルやココナッツオイルを使ったビーガンバター(これはアメリカにいた時。EarthBalanceが美味しくておすすめ)やヨーグルトもアーモンドミルクのヨーグルトを買っていたり。

でも日本にきたら簡単に手に入らないので普通の乳製品のバターやヨーグルトを食べています。ヨーグルトは豆乳ヨーグルトと普通の牛乳ヨーグルトを交互にしていたり。

小麦粉メニューも、アメリカにいたときはグルテンフリーのオーツ粉を使ってパンケーキを焼いていたりしました。けれど好きだったパリスバケット(パン屋さん)は週1くらいで子供達と買っていましたね^^

現在は小麦粉を使う料理は毎日はしていません。たまにお好み焼きや天ぷら、たこ焼き、焼きそば、うどんなどにすることもあります。でもパンは好きなので週2、3日は食べていますが ^^;

乳製品も避ける方はいますよね。何かアレルギーがあれば避けないといけませんが、特にうちはないので摂っています。乳製品にはカルシウムが含まれているので積極的にと言いますが、逆に乳製品を食べることでカルシウム吸収率が悪くなる・・と言うことも言われたりします。

なんでもそうですが、賛成の意見には反対の意見もあります。

私は一通り、その両方の意見を幅広く学んできた上で、何が良いのか悪いのかを判断しています。

 

また、これを避ければ体調が改善された、これを食べると良くなくなったなどと言うデータは自分の中で蓄積されていきました。

しかし、これは私自身の体に合う合わないと言う結果です。

人それぞれ違います。

・お肉を食べた方がパワーがでる人

・お肉を食べると調子が悪い人

・小麦製品が体に合う人合わない人

・乳製品を食べてもなんともない人、合わない人

 

IINで勉強したことは、食生活はIndividuality(個人個人違う)を大切にしてる。

これを避けた方が良い、これはダメと一概に言えないと言うことを学びました。

 

これからヘルスコーチとしても仕事をしていきますが、個人個人の体調をみて、好みを見ながらサポートしていきたいと思っています。

 

 

家族

女の子が2人おります。

2014年と2016年生まれ。子育て自体が好きで、特に伊藤美佳さんの本はほぼ持っています(笑)またスパークリングキッズ主宰のマミーのメルマガもとても参考になります。

アメリカで2人を産み、アメリカの子育てと日本の子育ての違いが多少わかります。日本の良いところもありますが、アメリカの自由な個人を尊重する子育ては私の基本になっています。伊藤美佳さんやマミーの子育ては同じ感じですね。

 

インスタでは子育てのことや家族のことなのが中心で、自分の意見を恐れず周りをあまり気にせずに書いているのですが(笑)それが良い効果があるのか、「maikoさんの子育て参考になります」「maikoさんの子育てを目指しています」などのコメントをいただくことが結構あります(笑)ありがとうございます。

 

こんな形で

・ロースイーツインストラクター

・ヘルスコーチ

の二つの肩書きがあるので・・・統一するにはどうしようかと考えてて・・

でもどちらも共通することは

 

体に良いことが好きと言うこと

 

ロースイーツを作るヘルスコーチMaiko

ということにしておきましょう。笑