助産院で産めなかった理由〜妊娠糖尿病

助産院で産みたかったけど、提携先の病院になりました。

その話をまだ書いていなかったので記録しておこうかなと。

なんと、妊娠糖尿病と診断。

 

でもね、これほんと体質だと思った。

 

糖尿病って、詳しくは知らないけど

甘いもの食べすぎ

太り過ぎ

そんなイメージ

 

でもね、運動してても

野菜たくさん食べてても

糖質あまり食べてなくても

血糖がなぜか高い人がいる

 

それ、私の周りにもいるの。

 

で、妊娠糖尿病って、友達にもいたけど

大体健康体で

太ってなくて

むしろ 食事に気をつけてたりする人

 

でも、妊娠糖尿病の怖いのは

本人はなんとも無くても

 

赤ちゃんに影響がある

か・も・し・れ・な・い

 

ということ。

もちろん、

甘いものたくさん食べてて

食生活乱れてて

運動せずに

添加物たくさん入ってるもの食べている人で妊娠糖尿病と診断されている人は

気をつけないといけない!巨大児になるから。

でもそうじゃない人もいるんだよね。

 

日本糖尿病学会とか

栄養士さんとか

も、糖質をどれだけとったらよいか

そう言うガイドラインがあるけど

反対している人もいる

 

特に妊娠糖尿病に関しては

食事制限しなさい

カロリー抑えなさい

糖質はちゃんと摂りなさい

 

が今のガイドラインみたい。

でもね、

私たくさん勉強した!本読んだよ

 

そこで参考になったのは

この本。

「ケトン体が人類を救う」宗田哲男 著

主に妊娠糖尿病について書いてある

 

読んだ。

これ、妊娠糖尿病の人は是非読んでほしい

タンパク質メインで食べたら良い!

糖質が赤ちゃんの成長に必要なわけではない、と言っている。

 

私は糖質も少しは食べるけど

タンパク質メインで食べた

ほんとお腹いっぱいになるまで

 

赤ちゃん大きくしたかったから。

 

妊娠糖尿病で食事制限すると

やはり胎児の成長は小さくなるみたい

 

でも、検診のたびに

「食事制限してるのに、赤ちゃん元気に育ってますね」と言われた。

 

いつもの診察の先生は、一般のガイドラインに沿っている方で、この著者の考えを前に伝えたら、反対されたので、そこまで言ってない。

 

(タンパク質たくさん食べてるからです♡

ご飯ほとんど食べてません。)

とは言えません。

 

何が正しいか分からないけど

私は、少しでもご飯(玄米も含めて)食べると血糖値が上がっちゃうので食べなかった。

でも、フルーツやロースイーツはたまに食べてた 笑

 

妊娠糖尿病の人は、是非この本読んで実践してみて。

で、糖質一切摂らなくなるとケトン体値が高くなるから、医者から注意される。

だから、ケトン体はせめてプラス1くらいに留まるように。

糖質も少しは摂りながら

タンパク質中心の食事で。

 

私の赤ちゃん、低血糖でもなく、高血糖でも無く正常に、健康に出てきたよ。

体重も標準で。

 

ということで、妊娠糖尿病の話になったけど

 

だから、助産院で産めなかった!ということ 笑

 

でも結果、助産院に違いスタイルで産めた病院で良かった。

 

 

妊娠記録、もう少し続きます。